AI・デジタルツインで進化する不動産マーケットの情報を、中立、最速でお届けします。

Category: 不動産テック

PRESI, a Tokyo real estate company, set a digital twin building connected to Internet with Zweispace

PRESI, a Tokyo real estate company, set a digital twin building connected to Internet with Zweispace

PRESI, a Tokyo real estate company, is the first website in the world to be launched on the Internet, built on a digital twin metaverse building. Zweispace has started to connect real estate to the Internet! PRESI (Chiyoda-ku) used Zweispace's digital twin technology to publish a 3D m ...
デジタルツインのプラン付土地販売サイト

デジタルツインのプラン付土地販売サイト

デジタルツインのプラン付土地販売サイトに、 デジタルツインプロジェクトが掲載開始されました。 Apparel-Residential-Tokyo 一階、アパレル店舗 2階以上は、賃貸住宅 のデジタルツインプランがはいった 物理土地付きプラン 価格はASKとなっています。 Zweispace Projects https://projects.zweispace.com/projects/apparel-residential-tokyo/ 実際に、メタバース側のビルの内覧も可能となっているそうです。 お問い合わせは、サイトか ...
不動産業界とテクノロジーの親和性が低いのはなぜか?

不動産業界とテクノロジーの親和性が低いのはなぜか?

不動産テック
0
205
不動産業界とテクノロジーの親和性が低いと感じられる主な理由は、以下のような要因が影響していると考えられます。 1. 伝統的な業界構造: 不動産業界は長い間、伝統的な方法で運営されてきました。多くの不動産業者やプロフェッショナルは、長い間手作業でのプロセスや紙ベースの文書を使用してきました。このような慣習が、テクノロジーの導入を遅らせています。 2. 規制と法的な制約: 不動産取引は法的な要件が多く、地域によって異なる場合があります。テクノロジーの導入には、これらの規制や法的要件に対する適合が必要であり、そのプロセスは複雑で時間がかかります。 3. デー ...
タスキとツバイスペースが業務提携 不動産デジタルツイン化による収益力向上の実現に向けて始動

タスキとツバイスペースが業務提携 不動産デジタルツイン化による収益力向上の実現に向けて始動

タスキとツバイスペースが業務提携 - 不動産デジタルツイン化による収益力向上の実現に向けて始動 - 不動産テックを活用した新築投資用IoTレジデンスの企画開発を行う株式会社タスキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:柏村雄、証券コード:2987)と、不動産関連アプリケーションの開発運営会社である株式会社ZWEISPACE JAPAN(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:亀田勇人、以下、ツバイスペース社)は、2023年7月3日に業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。 ◆本提携の目的 株式会社タスキは2023年5月 ...
デジタルツインの不動産仲介、飲食店とオフィス併用ビル、アパレルと住居併用ビル、PRESIの東京都内の物件で開始。

デジタルツインの不動産仲介、飲食店とオフィス併用ビル、アパレルと住居併用ビル、PRESIの東京都内の物件で開始。

デジタルツインの不動産仲介、ツバイスペース、飲食店とオフィス併用ビル、アパレルと住居併用ビル、のデジタルツインを、PRESIの東京都内の物件で開始。 ツバイスペースは2015年に都内のワンルームマンションを1ビットコイン(当時、1ビットコインは約4万円、約400ドル)で1ヶ月間借りられるキャンペーンを開始し、ブロックチェーンで世界の不動産ソリューションをリードしてきました。2022年には日本に加え、アメリカ、韓国、中国など各国で不動産ブロックチェーン特許の取得を完了し、メタバースでの商業用不動産賃貸管理業務を開始しています。今回は飲食店やオフィスのメタバースを発表 ...
京都大学

京都大学

デジタルツイン京都大学のメタバース。世界の大学で最初に対応していきます。 京都府京都市左京区にある、京都大学の時計台のビル。   京都大学の卒業生、亀田が、ChatGPTを教育してみる | REIT JAPAN などで、例えばAIなど最新技術を扱いますが、京都大学の各学部が、同じレベルで対応できているわけではありません。お金で使える商用AIでほぼ代替可能な学部もあるような印象です。とりわけ産業等への有用性が明確でなく、したがって人気がなく、したがって競争がなく、したがって進歩がゆっくりな学問分野でしょうか。 一方で、イン ...
メタバース建築トークン「ビルドトークン」を発表。AIアプリトークンと近未来のユーティリティー。

メタバース建築トークン「ビルドトークン」を発表。AIアプリトークンと近未来のユーティリティー。

不動産ブロックチェーン、メタバース、デジタルツイン不動産を開発・運営しているツバイスペースが、メタバース建設トークン「ビルドトークン」を発表。特許や地震リスクへのエクスポージャーなども。 英語名: Build token ティーカー: BLD 日本語名: ビルドトークン トークンストラクチャー: 総発行量: 3,780,000,000 オファリング: 380,000,000(段階的にオファリング予定) コントリビューター: 1,500,000,000 プロジェクト: 1,900,000,000 緊急時対応用予備プール: 7,400,000, ...
シリコンバレーの不動産テック・建設テック

シリコンバレーの不動産テック・建設テック

0
1.7 k
シリコンバレーの不動産テック・建設テック シリコンバレーでお会いした、不動産テック・建設テックのスタートアップを紹介していきます。 画像認識を使った、倉庫のソリューション。 各種不動産のデーター IoT 工事現場のイメージをとり、記録していくシステム 工事現場のトラックなどの移動状況を画像認識して効率化を図る技術 などの技術がありまして、それぞれレポートしていきます。  
ジェネラティブ不動産。 デジタルツインでメタバースにも。

ジェネラティブ不動産。 デジタルツインでメタバースにも。

東京のワンルーム・アパートとデジタルツインのメタバースを繋げる、世界で一つだけのジェネラティブ不動産NFTの販売開始。人間の30,000倍の速さでアパート建設するロボット建築士「オートカルク」、AI耐震診断アプリ「ナマズ」も活躍。 不動産NFT(ZWEINOTE)には、デジタルツインのメタバースアパートと、実際の物理空間の土地もついてきて、完成後は、メタバース側のアパートから不動産賃貸仲介も行います。AIアプリにより、業務効率化した分は、土地保有者様、最終アパート購入者様、それぞれに価格で還元します。 AIジェネラティブ・アパートのNFTでは、世界で唯一のその土 ...
アパート投資家必見のロボット建築士・鑑定士「オートカルク」アイフォン・アンドロイド・アプリ版で登場

アパート投資家必見のロボット建築士・鑑定士「オートカルク」アイフォン・アンドロイド・アプリ版で登場

0
1.3 k
ツバイスペースの特許取得済みの不動産・建設AIアプリ「オートカルク」。2017年発表後、非公開で自社運用していたものを、シリコンバレーのユニコーン登竜門サミットで優勝後、コロナも開けたこの春、スマートフォンアプリとして登場。アプリに写メをとって送ると、一番資産価値の出る最適なアパートプランを入れてくれる。現状のアパートの査定だけでなく、建て替え時の最適プランも瞬時に3Dで建設して計算する、まさにシリコンバレーもびっくりの凄いアプリ。 Android 版 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.z ...